女子ダブルス 伊達・張組、3回戦敗退

テニスのウィンブルドン選手権第9日は6月29日、オールイングランド・クラブで行われました。

女子ダブルス3回戦で、クルム伊達公子(エステティックTBC)、張帥(中国)組が彭帥、鄭潔組(中国)に4―6、2―6で敗れました。

残念ですね!

森田あゆみ(キヤノン)、ソラナ・チルステア(ルーマニア)組はザビーネ・リシキ(独)、サマンサ・ストーサー(豪)組に4―6、3―6で敗退しました。これで、今大会の日本勢いなくなりました。

でも、伊達さんは、スゴイの一言です。

Sponsored Link
試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~
月岡一公の「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」~サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”
コアスイングテニス最短上達プログラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>