斎藤佑樹選手4月17日公式戦初先発

日本ハムのドラフト1位・斎藤佑樹選手が公式戦初先発となる4月17日のロッテ戦(札幌ドーム)に心躍らせているようです。

ロッテ先発は同じ1988年生まれの大嶺が予想されています。
「いきなり同級生対戦なんて面白い。(楽天・田中、広島・前田健、巨人・坂本ら)同世代にいい選手は多いですからね!」と齋藤選手です。

大嶺選手と直接対決はないのですが、2006年夏の甲子園では斎藤が「ハンカチ王子」として早実で全国制覇しています。「南海の怪腕」と呼ばれた大嶺も日本最南端の八重山商工を沖縄・石垣島から全国の舞台に導いた離島の星でした。

高校時代の軍配は斎藤選手にに上がりますが、プロではすでに10勝している大嶺選手が先輩となります。

「自分はまだ1勝もしていない。できる限りのことをして1勝目を必死に取りにいきます」。

対ロッテ戦はオープン戦、練習試合各1試合に登板し、計6回3安打無失点と好投している斎藤選手ですが、それでも、「シーズンに入るとどの打者もバットが振れてくる」と3度目の勝負に気持ちを引き締めていました。

Sponsored Link
理研ビタミン わかめペプチドゼリー
便利なウォーターサーバーをご自宅まで届けいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>